新店舗開店に向けての店舗デザイン考案

cafe de assiette (神戸市灘区)

『食の神戸』起業家等支援事業

オーナーパティシエ 

永井 佑資氏

JR六甲道駅にほど近い、皿盛りデザートがメインのカフェ。開業にあたって神戸市産業振興財団に相談する中で「専門家派遣」のことを知り、店名ロゴやイメージカラーを決めるためのアドバイザーとしてデザイナーの派遣を依頼した。

オーナーパティシエ 永井佑資氏 より

「この制度はコスト面でのメリットも大きいですが、専門家にしかない知識が得られますから、絶対に利用した方がいいですね。ひとりで考えるよりも選択肢が増えますし、それを自分の意見と照らし合わせるのも良いと思います。私は店づくりの段階で『フランスチックにしたい』とかイメージ 的なものをお伝えしました。思ったことを形にしてくださるので、すごくありがたかったです。ロゴマー クもコンセプトに合っていて気に入っています」


グラフィックデザイナー 賀川剣史氏 より

「デザインのあり方や、背景にある事業の状況がどういうものかを話しながら、イメージを固める作業を一緒にしていきました。フランス傾向のデザインや配色を調べ、お店が立ち上がった時にどう展開していくのかを考える中で、お皿にデザートが乗った形のシンボルマークを視覚化することができました。お互いの立場を尊重しながらひとつのデザインに向かっていくことができるのは、この制度の強みではないかなと思います」