自分たちの技術開発力が認定され、さらなる販路開拓に期待

松村石油化成株式会社 (神戸市西区)

シーリング材、接着剤、土木用資材、工業用ゴム製品及び合成樹脂製品の製造、加工

松村石油化成株式会社
代表取締役社長 前田 淳氏

 

平成30年度『神戸発・優れた技術』認定企業

昭和42年に設立された当社は、冷蔵庫用のパテや粘着テープの研究開発から始まりました。その後、公共事業にも参入し、トンネルを作る際に使われるシールド工事用掘削機の止水材に注力しました。当社の止水材「テールシーラー」は特殊な繊維が入っているため、水圧がかかっても水を侵入させず、高い難燃性を備えたタイプもあることから市場で高い評価をいただいています。
この「テールシーラー」をポンプで自動注入する工法を掘削機メーカーに提案したところ、東京湾横断道路(アクアライン)の工事に採用されました。

海外ではドーバー海峡、デンマークやトルコの鉄道トンネルなどでも実績があり、現在は世界最大口径16mのトンネルを作る東京外環道工事でも使用されています。

当社が持つ生産技術や生産設備は他社が真似できないため、性能に対する評価や新たなニーズが高まっているのを感じます。

今回、35年製造・販売している製品の技術力を『神戸発・優れた技術』に認定していただけたのは名誉なことですし、自分たちの技術が周知されることを大変うれしく思います。今後のさらなる販路の開拓にも期待しています。


神⼾発・優れた技術


この記事が掲載されている情報誌「KOBE E-Tips」はこちら