人と企業をつなげ、北野エリアから新しい化学反応を起こしたい。

PIPELINE株式会社

WEB制作、インターネット広告、音声コンテンツ制作・配信等

代表者:安田 幸司
所在地:〒650-0003 神戸市中央区山本通2丁目14-22
営業時間:9:00~18:00
定休日:第2・4土曜及び日曜祝日 
電話番号:078-855-2515 
ホームページ:https://www.pipe-line.biz/

◆開業の動機、きっかけ◆

 平成30年5月、北野の異人館通りに面するビルの1階に「PIPELINE株式会社」を設立した安田幸司さん。
 ガラス扉の横にはウッドデッキ、一つ一つデザインの異なるおしゃれなライト、カウンター付きキッチンと、一見カフェのような設えのオフィスは、長年にわたってWEB制作を多数手掛けてきた安田さんの、クリエイティブへの思いが込められている。
「起業を考えてオフィスの場所をいろいろリサーチしていたのですが、たまたまぴったりの物件を見つけて決めました。7~8年前頃から北野におもしろいお店や企業、クリエイターの人が集まって新しい動きがあることを知り、ここならクリエイティブに仕事をできそうだなと直感したのです」と安田さん。



 平均年齢30代前半のデザイナー4名と、オフィスのシェアと連携事業を行う「HALI Lighting Laboratory」代表の脇濱恵さんを含めて総勢6名がPIPELINE株式会社のメンバーだ。
 「How Can I Do It?(どうすればできるか?)」をコンセプトに、公的機関から企業、学校、ショップまであらゆる業種のWEB制作やインターネット広告を手掛ける。現在は、音声コンテンツの企画と番組制作にも力を入れている。複数のコンテンツをうまく連動させることで、集客の向上につなげるためだ。



 また、安田さんは前職でWEBプロデューサーとして、制作を通じた「企業のブランディング」を実現してきた経験を持つ。
 「WEB制作には、経営理念や自社の強みの明確化、同業他社との差別化などいろいろな角度から自社を見直すという過程が必要です。また制作して終わりではなく、情報の更新も頻繁に行わなければ意味がありません。私たちはそれらに丁寧に伴走して、外部への発信のみならず社内のスキルアップにも貢献してきました。それらの積み重ねが企業の“ブランディング”になっていくことを、中小企業さんにこそ提案したいですね」



 社名のロゴに「Branding Design Studio」と添えてあるのはそんな理由からだ。会社のブランド力が上がり、社員の採用が増えれば研修など新たな課題も出てくるが、安田さんは「オフィスをカフェのようにしたのもキッチンを併設したのも、セミナーやチームビルディング研修などフリーに使ってもらいたいという思いもあったからです。クライアントが求めるあらゆるソリューションを提供できるようにしたいですね」と、幅広い領域で事業展開を考えている。



◆今後の目標◆
「この周辺に生まれている面白いお店や経営者をインタビューする音声コンテンツ番組「北野Talks」をきっかけに、北野エリア活性化を実現していきたいです。WEBを通じて中小企業のブランディングを実現し、神戸の企業を元気にしたいですね。」
北野Talksはこちらから聞けます↓
https://www.kitano.shop/


◆神戸開業支援コンシェルジュを利用してよかった点◆
「独立・起業しようと思った時、ビジネスの経験はありましたが、会社経営の全体像はわかっていなかった。設立や雇用の手続きなどもやもやしていたことが神戸開業支援コンシェルジュのコーディネータに相談して、すっきりしました。
 最初、日本政策金融公庫に融資の相談に行った時に、応対してくれた可久さんという女性職員の方が「財団にコーディネータ相談があるから利用されては」と丁寧に教えてくれました。
 神戸開業支援コンシェルジュチームの連携がうまく機能していると感心し、神戸市の創業支援は充実していると思いました。
(創業して)動き出したら次の現実が待っている。多くの事例で課題解決をしてきたコーディネータと対話できることが、経営資源の一つになって、創業後もたいへん役にたっています」

◆これから創業する人へのメッセージ◆
「自分のできる範囲を超えたこと、情熱を持てるようなこと、ワクワクするような大きい目標をもって、ゴールを設定することですね。」
 



◆安田さんが利用した支援メニューはこちら!
 ▶神戸開業支援コンシェルジュ コーディネータ個別相談 

 ▶日本政策金融公庫 融資

 


神戸開業支援コンシェルジュの利用事例 事例一覧