お酒の種類ごとに選りすぐられた酒器を取り扱う「酒器の店 さわらび」

ボン エスポワール株式会社

酒器専門のECショップ

企業名:ボン エスポワール株式会社
店名:酒器の店 さわらび(ネットショップ)
代表者:渡辺 有希子
所在地:〒665-0844 兵庫県宝塚市武庫川町1-5-2305
営業時間:09:30〜18:00
定休日:日祝および当社の定めた休日
電話番号:0797-87-5323 
HP:https://sawara-bien.com/

お酒の種類毎に選りすぐられた酒器を取り扱う「酒器の店 さわらび」
~ボン エスポワール株式会社~

◆お店の紹介◆
 平成27年末まで外資系の会社にお勤めであった社長が、「日本の衣食住+心」を海外の人にも伝えていきたいとの思いで、酒器のお店を開業されました。
 多くの起業家さんは、会社での経験などを基に起業されることが多いのですが、渡辺社長は、今までの会社経験とは全く関連の無い物販事業を平成28年9月に起業されました。
 起業されるきっかけになったのは、ご自身が家飲みを楽しみたいと思う中で、冷酒用のおしゃれな器を探していたことからです。おしゃれな器を求めて百貨店やインターネットショップなどを探し回ってみましたが、みんな同じような酒器で、自分の気に入ったものが見つかりませんでした。「家飲みが増加傾向にある現代で、同じような悩みの方が多いのではないか」、「もっと海外の人に日本の文化などを知ってほしい」との思いから、ご自身で納得のいく器を求めて、「酒器の店 さわらび」を起業されることになりました。
 酒器を販売商品の中心に置くきっかけになったのは、百貨店やインターネットショップなどで販売されているようなものではなく、自分の納得いく日本の商品を展示会や窯元などを訪ね歩き、収集してみたら、酒器が多くなったとのことです。
 そのために、「酒器の店 さわらび」では、他ではあまり見ることのできない希少な酒器などが数多く販売されています。またできる限り直接窯元に出向き、窯元から直接仕入れることにより、一般には出回らないような商品を販売しています。
 社長が持っている商品を選定するこだわりは、「地域(窯元)の技術を活かしたあまり出回っていない独特の商品」であるそうです。
 その一つに、漆陶があります(下記、土と漆の思いがけない出逢いの写真を参照ください)
陶器の上に漆を何層にも塗り最後に焼くことでようやく完成します。

 また日本最北東端の登窯である北海道知床「斜里窯」の商品も、窯元まで足を運び仕入れている一品です。(下記、焼徳利の写真を参照ください)


 現在は、インターネットでの販売のみになっており、実店舗はありません。今後は、ギャラリーなどで展示即売なども企画していきたいとのことですので、またホームページやFacebookなどでご確認ください。

◆神戸開業支援コンシェルジュを利用して良かった点◆
 開業していく上で、やったことのない事業であったために、事業計画をしっかり立てる必要性を感じていた。しかし自分だけでは、「なかなか気が付きにくいこと」や「ぼんやりとしている点」などを専門家から指導を受けて、整理しまとめていけることが出来たことが公的機関の支援を受けてよかった。
 しっかりとした事業計画が出来上がったからこそ、やるべきことが明確になって、開業後も邁進していくことが出来ている。

◆今後の目標◆
 3~5年後には、海外への販売をしていきたいと思っている。日本人の感性と外国人の感性の違いがあるので、どんな商品が外国人に受け入れられるのかをしっかり調査し、海外向けの販路を広げていきたい。


神戸開業支援コンシェルジュの利用事例 事例一覧