マッチング成約 3例目!地域に親しまれるサンドイッチ専門店

有限会社ピンポイント(神戸市灘区)

サンドイッチ製造小売業

譲渡者:有限会社ピンポイント 代表取締役 小笠原 恵 さん

マジックパン 神戸手づくりサンドイッチ

譲受者: 山根 智治 さん 

 

1.本件概略

(1)譲渡企業名:有限会社ピンポイント 代表取締役 小笠原 恵(68歳)              
1995年7月10日設立 資本金800万円
所在地:神戸市灘区篠原南町6-1-1  
事業内容:サンドイッチ製造小売業                              
魔法のサンドイッチ「マジックパン」の愛称で、長年地域で親しまれ、ボリュームが売り。手作りサンドファンが多く、
中でも「耳たまご」(50円)は大人気で、遠方から通ってくるお客さんも多い。TV番組でも取り上げられた。

(2)譲受者:山根智治 氏(40歳) 神戸市北区在住
略 歴:海外駐在も含め水産商社にて13年勤務後、2015年から山口県・萩市の地域おこし協力隊として3年間勤務。
任期中の2016年に水産加工物を扱う商社 「Mount Root」を創業、兵庫県産品の海外輸出も行っている。
(3)譲渡契約締結日:令和2年11月11日
(4)譲渡理由:後継者不在
(5)譲渡形態:全株式の譲渡


2.案件の経緯

・当財団実施の中小企業実態調査に対して事業承継問題に課題があると回答をいただき、職員が訪問、
 経営状況等をお聴きしたのがきっかけ。
・小笠原氏は後継者がいないため、70歳を迎えるころを目途に引退(廃業も視野に)を考えていた。
 なかなか条件の合う方がみつからなかったが、 この度、「KOBEあとつぎサポートチーム」による後継者探しの支援があるのならと、
 会社の価値に関する助言や引継ぎの後押しを受け、後継者探しを決断した。
・譲受者の山根氏は、食品輸出事業に前職も含め13年の経験があり、アジア圏を中心に取り組んできた。2018年9月には野球教室の事業継承も経験している。
・地域おこし協力隊時に、地域の課題としてあった事業承継に興味を持ち、価値ある事業が後継者不足という理由で廃業になるのは、
 もったいないと考えていたところ、「KOBEあとつぎサポートチーム」の支援を知り、後継者候補に登録した。
・神戸市産業振興財団には、事業承継のポイント、補助金・融資、契約手続きなどのアドバイス等、始めから終わりまでサポートを受けた。
  また神戸商工会議所の『後継者塾』に参加し、事業を継ぐ基本的なこと、今後の事業展開についても考えることができた。
・小笠原氏と面談し、自身の経験を活かせ、かつ条件面でも合意ができた同社に決め、譲渡契約締結に至った。


3.引継ぎ後の新会社の方針

・創業から25年、今まで先代が築いてきたこの事業の思いや、お客様を大切にし地域に愛される店舗を継承していきたい。
 大切なものを守り、更に自身の新たな取り組みを行い、次の25年へ繋いでいけるよう事業を成長させていきたい。
・コロナ後は生活の変化など先が予想しづらいが、多くのお客様に支えて頂き、店舗の売上は大きく増えている。
 時代の変化に遅れないよう、お客様が求める商品を提供していきたい。
・店舗以外での売上を増やし、雇用の拡大を目指す。
・サンドイッチを通じて、地産地消に貢献できるよう、兵庫県産・神戸市産の食材の取扱を増やしていきたい。


100年経営支援事業の利用事例 事例一覧