第3回神戸海洋産業セミナー×第7回TONセミナー

2019年1月25日に開催した、第3回神戸海洋産業セミナー×第7回TONセミナーの開催報告です。
 


1.第一部 講演

 ①『海洋鉱物資源開発の取り組みの現状』
  講師:辻本 崇史氏  独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)
             金属資源開発本部 特命参与
 ②『海底熱水鉱床開発における採鉱・揚鉱技術』
  講師:川野 誠矢氏  独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC) 
             金属資源技術部 海洋資源技術課 主任



① 海洋鉱物資源開発に関する資源量評価、採鉱・楊鉱技術、選鉱・製錬技術、環境影響評価などについての取組みや、実海域での採鉱・楊鉱実験の成功事例、今後の課題などについてご講演いただきました。

② 海底熱水鉱床の開発に向けて検討を進めてきた採鉱・楊鉱分野の要素技術やシステムについての概要、今後検討が必要となる技術的課題などについてご講演いただきました。


 

2.第二部 神戸地域の企業による開発事例紹介

 『水中音響機器の開発と未来への展望』
  発表者:笹倉 豊喜氏  株式会社アクアサウンド 代表取締役会長
              東京海洋大学客員研究員 水産学博士



イルカやマグロなど様々な水中生物の生態研究に利用できる水中音響機器や、現在開発中の水中情報可視化装置の原理についてご紹介いただきました。


 

3.交流会



セミナー後の交流会は多くの方々にご参加いただきました。皆様活発に交流され、大変盛り上がりました。


 
本セミナーにご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。