第2回神戸海洋産業セミナー

2018年8月1日に開催した、第2回神戸海洋産業セミナーの様子です。
 


1.第一部『いまこそ新たな海洋産業に挑むとき-技術屋の視点での海洋産業への取組ポイント-』
講師:吉田 弘氏(国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)海洋工学センター・海洋基幹技術研究部 部長)



日本人の傾向(性格、文化などから生まれるメンタリティ)を加味した上で、海洋産業の現状や私たちを取巻く環境とそこから生まれる問題、海洋(洋上・海中)ロボット活用の可能性といった話題についての見解をご講演いただきました。


 

2.第二部『神戸地域の企業による開発事例紹介 ①』
川崎重工業株式会社「AUV開発状況と英国実海域試験」
発表者:湯浅 鉄二氏(川崎重工業株式会社 船舶海洋カンパニー フェロー)



現在開発中の海中設備保守整備用のAUVについて、開発の背景とその状況や、2017年11月に英国にて実施したプロトタイプの海上試験状況報告、今後のスケジュールなどをご紹介いただきました。


 

3.第二部『神戸地域の企業による開発事例紹介 ②』
株式会社中橋製作所「木工用刃物メーカーの海洋産業への挑戦」
発表者:中橋 久行氏(株式会社中橋製作所 専務取締役)



木工用刃物を製造してきた技術を活かしてドリリング用コアビットを製作し、2017年9月に地球深部探査船「ちきゅう」の科学掘削調査にて使用された事例をご紹介いただきました。


 

4.交流会



セミナー後の交流会は多くの方々にご参加いただきました。皆様活発に交流され、大変盛り上がりました。


 
本セミナーにご参加いただきました皆様、誠にありがとうございました。