KOBE MEISTER

鋳造 / 岸本 光男

昭和19年生 垂水区在住

 

鋳造の工程全般に精通し、確かな技術・技能が生産性の向上に貢献。
その技能は精密鋳造の分野でも発揮されている。

煮えたぎるインゴットに人生を賭ける

岸本光男さんの写真  兵庫県神崎郡の出身で、三菱重工業神戸造船所の養成校に学んだ。工場に配属の時、「あそこにだけは行きたくない」と思っていた鋳造課に。当時は船舶エンジン本体を作るのに黒鉛を用い、指の爪の先までまっ黒になるほど汚れたイメージの職場だった。
 それから15年、昭和50年代に入って二見人工島に進出、「東洋一の鋳物工場」が実現。イメージは180度変化して、クリーンで省力化の行き届いた仕事場となった。手がける品物もエンジンに加えて、発電機やボイラーの部品など幅広い鋳物製品を生み出すようになり、ハイレベルの技術が必要とされるようになった。
 「図面から模型を作り、鋳型にはめ込んで製品にしますが、最初は平面の設計図なのが、最後には3次元の立体に仕上っていくんです。出来上った時の喜びは何ものにも代えられませんね」と、目を細める。時代と共に作業の要領も変化し、昔は鋳型を山砂や生砂でこしらえたのが今は樹脂のフラン砂に。キメ細やかな仕上がりの美しさ変わらないのは温度と湿度を如何にうまく扱って、いい製品に仕上げるかということ。「品物の顔を見るまでは安心できませんよ。」インゴットと呼ばれる金属を溶かせた湯を1600度の高温で処理し、見る見るうちに鋳物に仕上げていく。クライマックスは危険この上もないが、感動的。
 鋳造の行程全般に精通し特に鋳型組立を得意とする。技術の確かさに加えて、研究熱心な姿勢が精密鋳造の分野にも活かされ、形となって現れている。「我が子を嫁に出すような気持で、無から有を作る-これが秘訣です。」今では鋳造に人生を賭けている。

ページの先頭へ戻る