KOBE MEISTER

電気工事/北迫 豊邦

昭和7年生 兵庫区在住

勤務先:サンキョー電工

電気工作物、特に空調設備の設置に優れ、数々の工夫・改善を行う。
多くの後進の指導にも積極的。

シーケンス技術で省力化にひと役

北迫豊邦さん 昭和24年、大阪で電化製品メーカーの代理店に入り、商品販売を担当した。「戦後、世の中が豊かになるにつれ電気の需要が高まっていくのを肌で感じて、技術畑に転じました」と、語る。
 同36年、神戸で独立して、電気工事業を開始した。「屋内配線、工作物、タイマーなどあらゆるものをこなせなくては電気工事の仕事は続けられなくなりましたね。」手先の器用さに加え、研究熱心さが仕事の幅を広げ、とくに業務用大型冷蔵庫、空調設備、厨房用機器等の電気工事で高い評価を得るに至った。
 兵庫県電気高等技術学院で技術指導講師もつとめているが、とりわけ、ビルの空調やエレベーター、貯水施設等にみられるシーケンス制御の技術指導にかけてはこの人の右に出る者がいないといわれているほど。「設備機械の自動化が進む一方の世の中で、シーケンスはなくてはならぬものです。技術指導の様子例えば、一台のモーターが正転・反転するリレー技術など、シーケンス制御を手がけられぬ工事者がいることなどもってのほかです。」と、手きびしい。「電話工事、消防工事、スプリンクラー、消火設備、非常電源、自家発電装置など、電気工事のレベルアップが求められる一方の現代社会ですから、その進歩の速度について行くための勉強を怠ってはなりません。」と、自分自身にムチ打つことも忘れない。
 楽しみは暇を見つけて日本アルプスや富士山などに登ること。写真をうつし、紀行文を組合の機関誌に発表するロマンチストでもある。

ページの先頭へ戻る