ページの先頭です
本文へスキップします

ここからパンくずリストです

ホーム > 経営相談 支援 > 専門家派遣 > 専門家派遣事業のご案内

本文

経営相談・支援

専門家派遣

活用事例報告会専門家検索
企業支援 グループ・団体支援 お問い合わせお申込 実績紹介
実績紹介
平成25年度「食の神戸」起業家等支援事業
新ブランドにかける熱い気持ちを受け止めてもらえました
神戸甲南サカエ屋

神戸甲南サカヱ屋
(東灘区)
卸売業の事業拡大を図る中、二代目自ら店のキャラクターとなってブランドイメージを確立。新商品開発にも意欲的に取り組む。

個店における新たなブランド創造支援

長くまちづくりに関わってきた代表・海ア氏は、そのネットワークやノウハウを生かし、新商品の開発と販売促進にも力を入れ、神戸ならではのスイーツ育ちをうたった「雪姫ポーク」を人気商品に育てました。そして今度は、独特の旨みのある経産牛肉のブランディング、プロモーションを仕掛けました。
マーケティングプランナー
名渕 浩史
IT・Web関連のコンサルティングをベースとした地域活性化や新商品の立ち上げなどで実績多数。当店で人気の「雪姫ポーク」も企画から関わり、成功に導く。
マーケティングプランナー名渕浩史
  • 1.長期的視点に立ったブランディング
    今後の展開を考えれば「店のブランディングは不可欠」との名渕さんのアドバイスから“店主の顔”でアピールを開始。顔の見える安心感は店のイメージアップにつながっています。
  • 2.成功事項をふまえ昭和ビーフ誕生へ
    雪姫ポークの成功にならい、今度は経産牛肉のブランド化を検討。独自製法と郷愁の味というストーリーと共に「昭和ビーフ」と名付けた新商品を生み出しました。
  • 3.HPや販促ツールにも注力
    名渕さんのネットワークを活かし、前回同様、ブランドコンセプトを踏襲したHPやチラシなどの販促ツールを制作。問い合わせは増加しています。
神戸サカエ屋二代目代表海崎孝一氏のコメント
平成25年度「食の神戸」起業家等支援事業
プレリリースの発信は、次の一手のモチベーションに
神戸紅茶株式会社

神戸紅茶株式会社
(東灘区)
まもなく創業から90周年を迎える日本を代表する紅茶メーカー。長年培われてきた紅茶製造技術と高品質茶葉を扱う独自ブレンドに定評がある。

効果的なプレリリースの作戦支援

厳しい経済状況が続く中、自社ブランドの確立が急務となり、費用をかけずに企業PRを行う方法を模索していた同社。毎年参加していた神戸セレクションの実行委員だった大谷氏とは以前から面識もあり、短期間で的確な指導を受けることができました。そしてプレスリリースの発信は、次の一手へのモチベーションアップにもつながっていたのです。
広報・販促コンサルタント
大谷 芳弘
マジシャンとしての経験と発想を生かし、悩める企業へユニークなアドバイスを行っている。“広報の魔術師”の異名を持つ。
大谷芳弘氏
  • 神戸紅茶の一番の売りは何か
    大谷さんにまず指摘されたのは「当社の売りは何か」ということ。貴重な紅茶鑑定士や常時行っていた紅茶セミナーなどの存在を改めて認識しました。
  • TV番組等ですぐに反応有り
    1回目は紅茶鑑定士の紹介を詳細な写真と共に、2回目はセミナーでの内容をクイズ形式で掲載。2回目を発信後すぐに各所から反応があり、取材も受けました。
  • 継続することの意義を理解
    プレスリリースは書き方を学べば難しい作業ではありませんが、切り口や発信先の検討、そして何よりも継続することの重要性を実感しました。
神戸紅茶専務取締役有田吉宏氏のコメント
平成25年度商業まちづくり等支援事業
観光資源の再発掘と商店主の意識改革で、商店街のこれからを築く
須磨浦商店街振興組合

須磨浦商店街振興組合
(須磨区)
須磨海岸に近く、JR/山陽須磨駅に面したアーケードのない須磨浦商店街。現在組合に67店舗が加盟し、これからの商店街のカタチを模索している。

地域資源を生かしたイベントの創造とWebの情報発信支援

商店街の認知度を高めるためのHP作成に始まり、その仕掛けとしてのイベント等の企画・実行、さらに商店街の内部からの活性化という課題にも取り組むことになりました。 海だけではない、山や歴史などの須磨の観光資源を生かすこと、そして何よりもお客様を迎える一人ひとりの商店主が笑顔で須磨の観光大使になることができそうです。
商店街等活性化/
IT活用コンサルタント
来訪者増を図る情報発信や仕組みづくりを企画し、具体的なイベントなど立案実行する。また商店街の内からの活性化にも積極的に取り組む。
  • メーリングリストで情報共有
    組合内の情報の共有化を目指して、専門家の方がIT関連の講習から始めてくれました。携帯でのメーリングリストで活発な意見交換が実現。組合運営が効率よく進められるようになりました。
  • 商店街の魅力を生み出す
    海・山・歴史など豊かな観光資源を専門家の外部からの視点で再確認し、さらに各々の商店主の顔が見えるさまざまな仕掛けを開始。商店主自身の意識改革がこれからの大きな鍵になります。
  • 組合内の世代間交流の活発化
    メーリングリストの活用やイベントへの呼びかけで、課題であった商店主世代間の交流が活発化してきました。内部からの改革も期待できます。
須磨浦商店街進行組合理事尾崎秀則氏のコメント

平成24年度 経営革新支援事業
業務フローの分析で品質を改善
有吉譲治

ラッキーベル株式会社
有吉 譲治 氏
1961年創業、靴の街、長田を代表する学校用シューズメーカーの専務取締役。2009年入社。経営企画室、企業開発部部長を経て、2013年より現職。本事業では現場をまとめたリーダー。

専門家と構築した真の課題解決方法

企業の声より品質の高いシューズが求められる時代背景の中、創業から積み上げてきたノウハウをルール化したいと思い、ISO取得を考えて財団に打診しました。候補の専門家をご紹介いただいた結果、選んだのはISO取得ではなく業務改善の専門家。複数の中国外注工場の生産現場において業務フローを確立し、統一することを優先したのです。期間中は品質問題解決の具体的な手法を学習。情熱のある社員を大いに刺激していただきました。
  • 社名の由来にもなっているのが、発足当時から参加しているベルマーク運動。すべての商品に点数をつけ、企業理念のもと、広く教育支援を行っている。
  • 仕事熱心な社員とともに、1年をかけて取り組んだ専門家派遣事業。ミーティングでは盛んに意見交換し、課題をクリアした。今後、さらなる改善を目指す。
  • ラッキーベルの顔ともいえる学校用シューズ。創業以来、「子供たちを足元から支える」とテーマを掲げ、研究開発や製造に励んできた。
    http://www.luckybell.co.jp
  • 専門家の紹介

    ヒアリングにより、目的達成に達した中小企業診断士を選定。

  • 実態把握

    専門家が社員からじっくりと現状をヒアリングしリサーチ。

  • テーマの
    絞込み

    多数あった問題から、本当に解決すべき課題を抽出。

  • 対策案の検討

    課題の原因分析と対策案の検討を、社員一丸となって取り組む。

  • 品質管理の
    基準作り

    業務フローを明確に作成し、同じ問題をくり返さないようルール化する。


平成24年度商業まちづくり等支援事業
マーケットを創り、地域活性を仕組み化
田中俊光

パークタウン協同組合理事長
田中 俊光 氏
湊川の商業スペース「パークタウン」のアパレルショップ「アサヒヤ」の2代目オーナー。約70店舗をまとめる理事長として、四期8年を務め、専門家とともに事業を現場で率いる。

新しい発想に共感し、地域をあげて挑戦

企業の声パークタウン内の空き店舗を埋めようとしても、「家賃を安くする」程度しか打開策がなかったところへ、財団から紹介されたのはまちづくりのプロ。まずは新しいマーケットを創ろうと提案されました。理事会でも意見は様々でしたが、思い切ってスタートしたのが「湊川公園手しごと市」。先頭に立ってどんどん行動してくださる専門家と、これからも地域一丸になって新しい風を吹かせていきたいですね。
  • 専門家の新しい取り組みに、果敢にチャレンジしたパークタウン協同組合。「手しごと市」の成功を受け、次は地域の商店や市場との回遊、情報発信に取り組む。
  • 「手しごと市」の雰囲気を継承し、常設の店舗化を目指すのが、パークタウン内の空き店舗を活かしたミニモール「神戸湊川Otonari」。メディアからも注目を集める。
  • 毎月第4土曜日に開催される「湊川公園手しごと市」。手作り雑貨やアート、体にやさしい食べ物などが数多く集まる。
    http://minatogawa-mart.net
  • 専門家の紹介

    ヒアリングにより、目的達成に達した中小企業診断士を選定。

  • 地域の
    リサーチ

    専門家が社員からじっくりと現状をヒアリングしリサーチ。

  • 新マーケット
    開拓

    多数あった問題から、本当に解決すべき課題を抽出。

  • 新しい
    価値の提案

    課題の原因分析と対策案の検討を、社員一丸となって取り組む。

  • 情報発信による
    固定化

    業務フローを明確に作成し、同じ問題をくり返さないようルール化する。

専門家派遣事業に関するお問い合わせ
商業・食に関することtel.078-360-3203ものづくり・ISO認証取得に関することtel.078-360-3208 上記以外のサービス業創業に関することtel.078-360-3202fax.078-360-1419 ページに関するお問い合わせ商業支援課 tel.078-360-3202

1つ前のページへ戻る