ページの先頭です
本文へスキップします

ここからパンくずリストです

ホーム > 資金調達 > 投資(神戸ベンチャー育成投資事業有限責任組合)

本文

資金調達

投資

神戸ベンチャー育成投資事業有限責任組合 (通称:神戸リレーショナルベンチャーファンド)
  • 神戸市に本・支店を置く全ての信用金庫が結集して参画した全国初の地域密着型ベンチャーファンド
  • 民・官が連携して発掘から投資・育成まで支援する「地域での新しい中小企業支援の仕組み」
趣旨

 フューチャーベンチャーキャピタル(株)を無限責任組合員(ファンド運営)とし、兵庫県信用金庫協会加盟の信用金庫、信金中央金庫、(公財)神戸市産業振興財団を有限責任組合員として、「神戸ベンチャー育成投資事業有限責任組合」を平成17年8月4日、設立いたしました。

 本組合(ファンド)は、成長性の高い企業に成長資金の供給(投資)と企業の成長育成支援(ハンズオン支援)をあわせて行うことにより、株式公開、企業価値向上を目指し、神戸を中心に新産業の創出、中小企業活性化、活力ある産業構造の転換を促進することを目的としています。

 また、同年12月27日までに、投資機会の拡大をはかるため、既存組合員からの追加出資によりファンド総額の増額を行いました。

 平成18年4月11日、1社当たりの投資額も5,000万円から最大1億円までに拡大し、企業の成長に応じた追加投資を可能にするとともに、投資対象地域では兵庫県内の企業に限定し、地域密着をさらに強化しました。

ファンドの概要
(1) 設立日
平成17年8月4日
(2) ファンド総額
11億2,000万円(設立時は5億3,000万円) ※ 組み入れ完了
(3) 組合構成員
  1. 無限責任組合員

    フューチャーベンチャーキャピタル株式会社(http://www.fvc.co.jp/)

  2. 有限責任組合員

    神戸信用金庫、 姫路信用金庫、 播州信用金庫、 兵庫信用金庫、 尼崎信用金庫、 日新信用金庫、 淡路信用金庫、 中兵庫信用金庫、 信金中央金庫、 (公財)神戸市産業振興財団

(4) 運用期間
10年(2年まで延長可能)
(5) 投資対象
  1. 地域
    • 投資総額の60%以上は神戸市に所在する(※)成長性の高い未公開企業。
      ※神戸市に本社または事務所・工場を現に有している企業、もしくは今後設立・移転を計画している企業。
    • 残りは神戸市に所在する企業との提携・その他取引のある企業、もしくは神戸経済との関連性を有する企業。但し、兵庫県に所在する企業に限るものとします。
  2. 業種分野・ステージ

    業種分野は分散投資を基本とし、アーリーステージからミドルステージのベンチャー企業、第二創業に取り組む中小企業を中心とします。

(6) 投資先企業の発掘ルート
KOBEドリームキャッチプロジェクトロゴ
  1. (公財)神戸市産業振興財団「KOBEドリームキャッチプロジェクト」 で認定を受けた企業
  2. 有限責任組合員との「案件情報交換会」から推薦を受けた企業
  3. 無限責任組合員が独自に発掘した企業
(7) 投資先企業の選考
経営者の資質、市場成長性、事業性等の観点から審査。経営者の資質を最重視し、信頼関係を基にした育成支援が行えるかどうかを見極めた上で、無限責任組合員の投資委員会で決定します。
(8) 投資方法
株式、新株予約権付社債の取得等
(9) 1社当たりの投資額
原則、初回投資額は5,000万円を上限とします。
追加投資を行う場合は、1銘柄への累積投資額が1億円を超えない範囲とします。
(10) 育成方針
  1. 無限責任組合員による、定期訪問、マッチング(販路、人材紹介等)、直接業務支援、決議機関への参加、経営全般に関するアドバイス業務など
  2. 有限責任組合員、市内の中小企業支援機関(大学、公的機関、専門家、事業会社など)との連携による支援(神戸のプラットホームを活用)
【ファンド概要に関するお問い合わせ】
フューチャーベンチャーキャピタル(株)
 TEL:075-257-6656

このページの先頭へ

特長
  1. 地域経済の活性化のため、中小企業の資金調達の担い手である、神戸市内に本・支店を置く信用金庫(兵庫県信用金庫協会加盟の8信用金庫・信金中金)が全て参画。地元信用金庫と公的支援機関が有限責任組合員で設立した全国初の地域密着型のベンチャーファンド。
  2. 地域金融機関の資金、投資会社の育成支援など民間の資金・ノウハウ等を積極的に活用。
  3. 中小企業支援センターの指定を受けた(公財)神戸市産業振興財団との連携。
  4. 地域密着型の投資育成を重視するフューチャーベンチャーキャピタル鰍ェ組合員との連携を取り、やる気のあるベンチャー中小企業の発掘から育成にいたるまで一体となって支援する地域での新しい仕組み。
参考
  1. (公財)神戸市産業振興財団は(財)阪神・淡路産業復興推進機構解散に伴う残余財産の寄付を受け、その資金を活用して出資(3,000万円)。市レベルでの地域密着型ベンチャーファンドに公的団体が出資するのは、政令市では札幌市に次いで2例目、ファンド増額によりファンド総額は国内最大級に。
  2. 神戸市では、(財)先端医療振興財団が出資する神戸バイオ・メディカル投資事業有限責任組合と神戸ライフサイエンスIP投資事業有限責任組合に次いで、公的団体が出資するのは3例目。
問い合わせ

(公財)神戸市産業振興財団経営支援部
TEL : 078-360-3209 FAX : 078-360-1419
お問い合わせはこちらより