トップページ > 認定企業紹介 > 企業紹介

株式会社おもてなしドットコム

◎企業情報

株式会社おもてなしドットコム
代表者:友添 成隆
住所(本社所在地):〒650-0024
兵庫県 神戸市中央区海岸通8番(神港ビルヂング)
電話番号:078-381-8887
資本金:1,505万円
従業員数:3名(経営者、正社員、パート、アルバイトを含む
URL:https://omotenashi.com/
業種:情報通信業
主要商品(又はサービス):
旅館・ホテルの「特別な一室」に特化した宿泊予約サイト「おもてなし.com」の運営。 

◎認定ビジネスプラン

第18回  認定

宿・ホテルの「特別な一室」に特化した宿泊予約サイト『おもてなし.com』による集客代行業 

全国に数多くある旅館、ホテルでは、建物・設備の老巧化が進み客室稼働率の低下や客室単価の下落傾向に歯止めがかからない宿が少なくありません。しかし、建物全てを改修するには多額の費用が必要になりその資金手当ての困難さから、問題がさらに深刻化するという「負のスパイラル」に陥る旅館・ホテルが多くなっています。

一方、不動産業に目を向けると、建物全部では無く部屋単位のリノベーション(改修を行い、用途・機能を向上させ価値を高め、付加価値を与えること)は当然に行われており、空室稼働率の向上だけでなく家賃の値上げまで実現されています。

代表取締役 友添 成隆は、前職の賃貸仲介大手、株式会社エイブル&パートナーズ経営戦略室エグゼグティブオフィサーとして、賃貸物件の家主へのリノベーション提案、それらの物件への集客を図るWEBマーケティングに係わってきました。その視点から宿泊業を見た際、「(宿・ホテルの)部屋単位のリノベーション」が有効な手法であることに疑いはないが、3つの課題からそれが普及されないこと、さらにその課題の解決策について検討を重ねました。

[課題1]
既存のネットエージェント(インターネット上で宿泊予約ができるサイト)や旅行代理店ではこれまでの慣習から「宿(ホテル)単位」での紹介がほぼ全てであり、「個々の部屋単位」での紹介が出来ないため、部屋単位でリノベーションを行ったとしてもそれをアピールする手段が無い。
【解決策1】
リノベーション等で再生され付加価値を高められた「特別な一室」に特化し、数多くの「特別な一室」を全国から集め、それらの部屋の魅力を宿泊希望者に最大限にアピールすることで宿へ送客できる集客サイトが必要。

[課題2]
宿・ホテルは通常複数のネットエージェントや旅行代理店にPRを委託するが、部屋在庫(空室状況)や宿泊プランの登録様式がそれぞれ異なるため、登録作業にかかる手間が非常に大きい。
【解決策2】
登録作業時における作業を劇的に改善し、業務効率化に資するためには、宿・ホテルが必ず持っている公式サイトの部屋在庫・宿泊プランデータと連動出来る事が必要。
これにより宿は公式サイトを更新するだけで「おもてなし.com」を自動更新する事が可能。

[課題3]
現在、殆どの宿泊予約サイトでは宿泊施設を決めた後に部屋タイプ・料理プラン等を選択する形になっている。しかし実際は当日宿泊施設に着いてから「宿の都合で」部屋を振り分ける事が多く、予約時にイメージした部屋と異なるケースも発生し、クレームになることが少なくない。
【解決策3】
クレームを回避し宿泊検討者の信頼を得るためには、既存の予約サイトでは部屋を特定した予約が取れないため敢えて曖昧にしていた部屋予約に関する情報を明確にすることが必要。

代表である友添は、これらの課題は前職での経験と実績によって解決ができること、そしてその解決策によって経営に悩む経営者への支援につながり、業界の活性化に資することに気付きました。同時に、旅行者に対しても「高級宿の特別な部屋での宿泊」をお得に提供することで「旅行先や日程から宿泊先を選ぶ」から「泊まりたい部屋から旅を始める」へという新たな価値観をも提案できる、非常に社会的に意義のあるビジネスであると確信し、独立新規開業しました。
 

おもてなし.com TOPページ 様々な魅力有る宿の自慢の一室の写真がランダムに表示される事により、「こんな部屋に泊まってみたい」そんなユーザーの潜在意識に訴求します。

部屋の詳細写真

部屋の詳細ページ上部

部屋のプラン情報(宿による自動更新)


◎この企業のトピック

現在、情報はありません。